初めての日本以外のアジア旅シンガポール

2016年の9月に一人旅でシンガポールに行きました。わたしは衛生面を気にするタイプでしたが、
シンガポールはまずガムを持ち込めないので、日本みたいに地面にへばりついていることがなく、とても街並みがきれいでした。

(尚、トイレの流し忘れは罰金になるそうなので、最新の注意を払いました。)
時間の関係上2泊しかできなかったので、宿泊ホテルのマリーナ・ベイ・サンズのあるマリーナ地区を中心に回りました。

初日は昼過ぎにチャンギ国際空港に着いて、バスで旅行会社のバスに迎えに来てもらい、バスの中で本場のスコールに降られながら、ホテルまで送迎してもらいました。
ガーデン・バイ・ザ・ベイの『スーパーツリー』の光と音楽のショーである『OCBCガーデン・ラプソディ』を見て、カラフルなライトアップと、
心地いい音楽に酔いしれて、お部屋のふかふかのダブルベッドに一人で寝ました。
(細かいところですが、ベッドの前にゲストサービスの案内の紙をタオルで作られた象さんが持っていて、周りに赤い花びらが散らしてあったのもよかったです。)

二日目はガーデン・バイ・ザ・ベイの中の庭園の中へ。無料で入れます。(フラワードーム、クラウドフォレストは有料)
フラワードームの花の種類はとても多く世界各国の花がそろっていました。サボテンやバオバブの木なども見られます。
クラウドフォレストは、中に入った瞬間暑いシンガポールの地を忘れさせてくれるくらいの涼しさで、高い山の上から滝が流れ落ちています。
下から見ると雲に覆われているように見えて神秘的でした。

夜はナイトサファリに出かけました。日本とは違い、檻の中に動物がいるのではなく、歩いていると突然前からサルとかがやってきます。
放し飼いになっているのが特徴です。奥の方はわたしはバスツアーで回りましたが、希望者は歩いて散策もできるそうです。

最終日は朝6時にマリーナ・ベイ・サンズの宿泊者限定のプールでリラックスしました。シンガポールの6時はまだ夜中みたいに真っ暗でした。
その後、美味しいビュッフェスタイルの朝食を頂いた後、MRTというシンガポールの鉄道に乗って、マリーナ以外の地区を散策しました。
モスクを見たり、本場のチキンライスを食べたり、シンガポールの伊勢丹を見たりと、散策と買い物を中心にしました。

そして最後に名物マーライオンを見ました。小さいマーライオンと大きいマーライオンの2体いました。
世界がっかり名所といわれることもあるみたいですが、常に一緒に写真を撮る人が群がっていたので、そんなこともないと思いました。
そしてチャンギ国際空港までバスで行き、帰路につきました。

旅行を通して、シンガポールは料理も衛生的でおいしく、街並みもきれいで治安がいいので、女性一人でも旅行しやすいと感じましたが、
ハワイやグアムほど日本語が通じるわけではないので、英語がある程度できると便利かなとも思いました。