コーヒーを自宅で楽しむ方法ー焙煎からブレンド、豆ひきまで。

コーヒーは日本国内では栽培が難しく世界中から集められて、ブレンドされ抽出され一杯になっています。
お酒同様、世界を旅して目の前にあると思うと感慨深いです。それに気づいてから、コーヒーの勉強を始めました。

・まずは豆を挽いてみましょう。
はじめは豆の知識がないので、専門店でコーヒーミルとおすすめのブレンドを買いました。
お店で飲むコーヒーとは香りに雲泥の差があります。ガリガリと挽いていると部屋中に豆の香りが広がります。味の違いにも敏感になります。

・入れ方にこだわる
ペーパードリップやベトナムコーヒー、サイフォンなど入れる道具も様々あることをしり、喫茶店巡りも併せて趣味になりました。

・豆を仕入れる
ちょっとお金がかかりますが、豆の特性や焙煎度合いを調整することでお好みのコーヒーを作ることができます。

・焙煎してみる
お店の焙煎機はとても高価で手が出ませんが、取っ手付きのザルで自宅で簡単に豆を炒ることができます。
たまたま立ち寄った本屋でそのやり方をみつけてから衝動買いしました。1杯いれるのに1時間かかります。そして掃除が大変です。

コーヒーはコンビニで自販機で簡単に買うことができます。
その一杯に、あえて時間と手間をかけて、入れることに、至福を感じられます。